物理」カテゴリーアーカイブ

ハードウェアによって乱数列を発生させる方法

ソフトウェアの計算ではなく、ハードウェアによって乱数列を発生させる方法として次の3つが知られている。 1.サイコロ:サイコロの出目を使う。 2.ダイオードの生成する熱雑音:ダイオードの熱雑音を増幅してアナログ・デジタル変… 続きを読む »

E=mc^2

E=mc^2とは、エネルギー(E) = 質量(m) x 光速度(c) x 光速度(c)を意味し、質量とエネルギーの等価性を定量的に表している。 E=mc^2という関係式は、1905年、アルベルト・アインシュタインにより、… 続きを読む »

シュレディンガー方程式

名称:シュレディンガー方程式発見:AC1926,schrodinger数式:HΨ + h/(2πi)・Ψ/dt = 0意味:H:ハミルトン函数, Ψ:波動函数, h:プランク定数, /:除算記号, π:円周率, i:虚数… 続きを読む »

ハイゼンベルグ方程式

名称:ハイゼンベルグ方程式 発見:AC1925,heisenberg 数式1:x/dt = (-2πi/h)・(xH-Hx)意味:x:座標マトリクス, x/dt:xをtで微分する, π:円周率, i:虚数, /:除算記号… 続きを読む »

すばる望遠鏡

すばる望遠鏡とは、アメリカ・ハワイ島のマウナ・ケア山頂(標高4,205m)にある日本の国立天文台の大型光学赤外線望遠鏡をいう。 1991年に着工(建設総額:400億円)され、1999年1月に試験観測開始した。 主鏡に直径… 続きを読む »