E=mc^2


E=mc^2とは、エネルギー(E) = 質量(m) x 光速度(c) x 光速度(c)を意味し、質量とエネルギーの等価性を定量的に表している。

E=mc^2という関係式は、1905年、アルベルト・アインシュタインにより、特殊相対性理論の帰結としての論文で発表されたものの、経験則に基づく仮説として2008年まで厳密な証明はなされていなかった。

素粒子物理学の説明では、陽子と中性子は、クォークと呼ばれる粒子で構成されており、クォークはグルーオンと呼ばれる粒子で結びつけられている。

2008年、仏理論物理学センターの物理学合同チームは、世界最高性能のスーパーコンピューター数台を使って、原子核を構成する陽子と中性子の質量を算出した結果、グルーオンの質量はゼロ、クオークの質量は全体の5%、残り95%の質量は、クォークとグルーオンの動きや相互作用によって発生するエネルギーに由来することを突き止めた。

アインシュタインが提示した式E=mc^2とニュートンが提示した式E=(1/2)mv^2が同じだという指摘もある。

StatueOfIsaacNewton


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です