回帰分析で広告効果を予測する方法


回帰分析は、独立変数x(例:広告費)と従属変数y(例:売上)の関係を表す式(例:y=ax+b)を統計的に推計する道具として知られている。

例えば、広告費と売上のデータが下図のように分布しているとき、回帰分析を使って漸近線(y=ax+b)を求めることにより、広告効果の予測に活用できる。

Normdist_regression

漸近線(y=ax+b)のパラメータaとbを求める式は最小二乗法から導出され次のようになる。

least_square_method


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です