古くて新しい節電

電気の使用量を節約することを節電という。
節電することで、電気料金を節約したり、地球環境を保護することにつながる。
消費電力の高い製品と節電対策例はつぎのようになる。

 
機種 消費電力(W) 節電対策 節電率(%)
新幹線1座席 ~12800 フェリー高速バスを使う 100
IHクッキングヒーター ~5800 ガスコンロを使う 100
温水器 ~5400 燃料給湯器を使う 100
在来線1座席 ~4400 やバスを使う 100
エアコン ~2000 燃料ストーブ扇風機を使う 98
アイロン ~1400 形状記憶ワイシャツ炭火アイロンを使う 100
乾燥機 ~1400 扇風機を使う 100
トースター ~1350 ガスレンジを使う 100
電子レンジ ~1300 ガスレンジや鍋を使う 100
ストーブ ~1200 燃料ストーブや内窓を使い、厚着する 100
炊飯器 ~1200 ガス炊飯器や釜を使う 100
ドライヤー ~1200 燃料ストーブで乾かす 100
掃除機 ~1100 ホウキとチリトリを使う 100
電気ポット ~1000 ガスコンロとヤカンを使う 100
洗濯機 ~900 洗濯板を使う 100
こたつ ~800 豆炭こたつ豆炭あんかを使う 100
ホットカーペット ~800 燃料ストーブや湯たんぽを使う 100
加湿器 ~500 燃料ストーブとヤカンを使う 100
冷蔵庫 ~500 弱に設定する 75
温水便座 ~470 保温機能を切る 98
パソコン ~350 ノートPCLinuxを入れて使う 77
テレビ ~350 小型の液晶TVを省エネモードで使う 90
電球 ~90 LED照明を使う 90

ディスカッションに参加

5件のコメント

  1. こんにちわ。
    とても役に立つ情報です。
    ありがとうございました。

  2. ミネ通さん

    ご訪問と、コメント、ありがとうございます。
    1) 東芝が、アメリカで、訴えられて、7千億円の賠償で、赤字、それゆえ、保証付きの契約は、もうあまりやらないと、言明しておりますが、その通りで、設置したは、よいが、将来、5年後、20年後、40年後に、事故などがあった場合、巨額の賠償金を、訴えられるのです。こんな商売やっていられません。
    2) もう一つ、これも、何度もコメントしましたが、
    日本では、深く、しかも、たくさん報道されない不思議な疑問、
    それは、
    世界一の火山と温泉王国なのに、どうして、それらが、利用できないのか???
    という、報道です。
    ほとんど、報道されません。
    最低でも、温泉地の暖房や、給湯は、地産地消にするべきです。
    メディアは、もっと、この不思議さを、徹底的に、追求するべきです。
    3) 家庭での、自然光、地下数メートルの地熱、天井裏と地下の空気の循環、ETC.いろいろあるのに、あまり、追及されません

  3. ミネ通さんご訪問コメントありがとうございます。
    電球の中にAC-DCコンバータなどの電源回路が入っているのでLEDには直流の電源が供給されています。長寿命のはずのLED電球が6年くらいで切れたのですからP社からどのような回答が来るか楽しみです。
    私も畑のハウスの照明やファンはソーラーパネルを使ってバッテリーに充電して使っています。もちろん電球やファンはDC12C仕様のものですが、DC12VのE26口金電球は特殊品ですので高価ですね。

  4. ミネツウさん、こんにちは
    電気は厄介なやつでためられないから、皆で節電しないとダメですよね
    震災直後は皆に意識があったのに、いつの間にか職場のエアコン温度設定が20℃から
    25℃に戻ってます。そんな事が色々とあると思います。節電の輪を広げたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です