賃金奴隷


賃金奴隷とは、資本主義社会における労働者を奴隷に例えた言葉。

労働者は労働力の買手となる資本家を選択することができるものの、資本家階級につなぎとめられている奴隷と位置付けられ、このような状態は賃金奴隷制だという指摘もある。

日本においては、社員として勤めている会社に飼い慣らされてしまい、本来の自分の意思を放棄して家畜となったサラリーマンを社畜という。

日本では、労働者を官と民に、正規と非正規に分けて格差をつけることで、官と民、正規と非正規を分裂させ、労働者全体としての団結力を削ぎ落している。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です