サービス残業


サービス残業とは、雇用主から賃金を支払われない時間外労働をいう。

雇用主が自身の有利な立場を悪用することで、労働者に対してサービス残業を強いるケースが一般化している。

サービス残業は、労働基準法第37条第1項で定められている時間外労働分の割増賃金を支払うという要件に違反しており、違法になる。

労働者は、サービス残業を拒否したり、労働基準監督署に告発すれば、雇用主から懲戒解雇にされるため、いやおうなしに従っていることが多い。

法令で残業時間を規制しても仕事の量は減らないという職場もあり、結局自宅へ仕事を持ち帰り「サービス労働」を行うことになるケースや、企業側が休暇の取得を奨励したものの、仕事は消化しなければならないため休暇の日に自宅で無給の「在宅勤務」を強いられるケースもある。
これらのケースは労働基準監督署による摘発が非常に困難とされている。

労働基準監督署による是正勧告に対して、日本経済団体連合会は「企業の労使自治や企業の国際競争力の強化を阻害しかねないような動きが顕著」と非難している。



関連項目
過労死
ブラック企業
・パワーハラスメント
ピンハネ
賃金奴隷


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です