オフグリッド


オフグリッドとは、電力会社の電力網と繋がっていない電力システムをいう。

小規模なオフグリッドの例として、街灯でのソーラーパネルの利用がある。

2011年の福島原発事故後、自作できるオフグリッドシステムに注目が集まっている。
背景として、原発廃炉コストと自然エネルギー買い取りコストを電気料金に上乗せさせる電力会社への不信や、震災停電を避ける防災意識などがある。

家庭での小規模なオフグリッドとしては、ソーラーパネル1枚と鉛蓄電池1個を使って、LED照明の電力を賄うものがある。

家庭の全電力をオフグリッドで賄うには、ソーラーパネルや鉛蓄電池を大量に使う必要があり、設置場所の確保や設置工事が大掛かりになるものの、DIYで施工している例もある。

Solor_panels_on_the_water


“オフグリッド” への 4 件のフィードバック

  1. こんにちは。
    私のブログにご訪問・コメントをいただいて有難うございます。
    ソーラーパネルと鉛蓄電池による発電。拝見しました。
    これを配備すれば今のエネルギー問題も緩和されるかもしれませんね。
    コンパクトなものにしてセットで誰もが簡単に手に入れることができれば普及するのではないでしょうか。
    部分的な電源として有用な方法だと感じました。

  2. ご訪問ありがとうございました。
    友人もソーラーパネルで電気を自家発電しています。
    消費するよりも売る方が多いとか?
    それと、東京の方ではビルなどみんなLEDになっているそうです。(照明関係の仕事の友人)だから、今は昔ほど電気がいらないんだそうです。見た目では分かりませんが、LEDはどんどん普及しています。
    会社の向かいのローソンもLEDに照明が最近変わりました。でも、店内でフライから暖めやおでんなど、大量に電気を消費しているようで。
    どうなんでしょう?

  3. 初心者のブログを覗いて頂いてありがとうございました。
    鉛蓄電池でパネル、太陽光でのパネルしか知りませんが
    それすら、我が家では設置してません。
    日本のこの先を考えれば、取り組むべきかもしれませんね。

    素人がDIY程度で小規模のテスト設置が出来れば、この先もっと見直される
    かもと思いますが。

  4. コメントありがとうございございます!
    今年から寮生活で東京に住んでいるのですが、ゴミなんかも大変ですね(~_~;)
    田舎暮らしだったので、こっちにきて驚く事も多いです。
    小さいソーラーパネルなら授業で使ったこともあるのですが、、、
    自分で稼ぐ用になってから、環境のためにもいろいろ考えていきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です