ライフサイクルアセスメント


ライフサイクルアセスメント(LCA)とは、製品のライフサイクルが環境へ与える影響を定量的に評価する手法をいう。

LCAでは、商品の製造、輸送、販売、使用、廃棄、再利用までの各段階における環境負荷を明らかにし、その改善策を議論し検討する。

LCAは、代替製品や新製品の環境負荷を、既存の製品と比較し、より環境負荷の少ない製品、サービスへの切り替えを行う意思決定のためのツールでもある。

LCAは、次の4つのステージから構成されている。

(1)目的・評価範囲の設定: システム境界・機能単位・環境負荷を決め、評価の目的を明らかにする
(2)インベントリ分析: 製品のライフサイクルにおけるエネルギー入出力を分析する
(3)影響評価: 様々な環境負荷を、環境影響に換算する
(4)解釈: 製品・サービスにかかわる環境負荷を理解し、適切な意思決定につなげる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です