複層ガラス


複層ガラスとは、複数枚のガラスの間にアルゴンガス等が封入されたガラスを指し、中間層の厚さが増すほど断熱性能が高まる。

double_glass

多くの先進国では、エネルギー消費量を抑えるために複層ガラスの利用が義務化されている。

単板ガラス用サッシを複層ガラス用サッシに交換するには多額の費用がかかるが、既存の単板ガラス用サッシを利用してアタッチメント付き複層ガラスを使用することにより、低価格で手軽に複層ガラスを利用することが出来る。

世界各地での熱波や寒波の発生により、複層ガラスの世界的な需要は高まっていったが、日本での複層ガラスの普及率は低いままだった。背景として、日本では複層ガラスの利用が義務化されていないことや、日本市場ではアルミサッシが圧倒的に強く、複層ガラス向きの樹脂サッシ(断熱性能も優れる)は、北海道などの寒冷地を除いて普及していなかったこともある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です