過労死


過労死とは、長時間労働を継続した結果、労働者が脳出血、心臓麻痺などで突然死することや、サービス残業による過労が原因で自殺することをいう。

2014年、厚生労働省の統計によると、過去10年のあいだに過労自殺者が10倍に増えている。

睡眠不足の最大の原因は長時間労働と言われている。
睡眠不足による疲労蓄積は、血圧を上昇させ動脈硬化をもたらす。
動脈硬化は、脳出血、不整脈、心筋梗塞、脳梗塞を引き起こす。

2014年11月1日に「過労死等防止対策推進法」が施行され、過労死や過労自殺をなくすため、国が実態調査を行い効果的な防止対策を講じることになっている。

日本で過労死が多発していることをうけて、労働運動側は国際労働条約の批准を求めているが、産業界はこれに反対しており、日本の経済植民地としての側面を浮き彫りにしている。



関連項目
サービス残業
ブラック企業
・パワーハラスメント
ピンハネ
賃金奴隷


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です