化学的酸素要求量


化学的酸素要求量(COD)とは、水質指標の一つであり、水中の酸化性物質を酸化するために必要な酸素量をいう。

CODは、排水基準や海域・湖沼の環境基準に用いられ、単位はppmまたはmg/Lを使用する。

有機物が多く水質が悪化した水ほどCODは高くなるが、還元性の無機物によってもCODは高くなるため、CODが高いから水質が悪いとは言い切れない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です