炭火アイロン


炭火アイロンとは、本体内部に炭を入れ、その熱を利用して衣類のしわを伸ばす器具をいう。

炭火アイロンの上面は開閉式の蓋になっており、ガス抜きの煙突と握り手がある。

炭火アイロンが日本に初めて輸入されたのは幕末とされ、その後、広く普及した。
背景として、日本では、火鉢で炭火を使う暖房が一般的だったこともあり、炭火をそのままアイロンに転用できる使い勝手の良さがあった。



関連項目
節電


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です