MVCアーキテクチャーは、開発や保守にかかる費用を削減する


MVCアーキテクチャーは、システムをModel,View,Controllerの3層に分離することで、開発や保守にかかる費用を削減する設計手法として知られている。

Modelは、Controllerから依頼されたビジネスロジックを実行(データベースから必要な情報を取り出して加工し、処理結果をControllerに返す)する。

Viewは、ユーザーからの入力をControllerに通知し、Controllerから受け取ったオブジェクトをHTMLに埋め込んで表示する。

Controllerは、Viewから入力された情報に対応するビジネスロジックの実行をModelに依頼し、Modelから返された実行結果をViewに送る。

主要なフレームワークの全てがMVCアーキテクチャーを採用しており、フレームワークを利用しないシステムにおいてもModel,View,Controllerの3層に分離する設計が浸透している。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です