FLASHのセキュリティホール一覧


・2015年9月24日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2015年8月12日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2015年7月13日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2015年7月9日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2015年6月24日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2015年6月10日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2015年5月13日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2015年4月15日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2015年3月13日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2015年2月6日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2015年1月28日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2015年1月23日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2015年1月14日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2014年12月10日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2014年11月26日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2014年11月12日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2014年10月15日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2014年9月10日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2014年8月13日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2014年7月9日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりするというもの。

・2014年6月11日
情報処理推進機構は、FlashPlayerにウェブを閲覧することで任意のコード(命令)を実行される脆弱性が存在することを警告した。
このセキュリティ・ホールは、攻撃者によってパソコンが制御されるというもの。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です