タッチタイピング(ブラインドタッチ)の利点と習得のコツ


タッチタイピング(ブラインドタッチ)の利点は、入力速度向上、ミス修正速度向上、眼精疲労抑制とされている。
タッチタイピング習得のコツは次のようになる。
1:通常の指の位置はホームポジションに置き、キー入力で指を移動させる必要がある時だけ、その指を移動させて入力し、入力後は元の位置に指を戻す。
TouchTyping_HomePosition_QWERTY
2:キー入力時はキーボードを見ないで画面に集中する。
3:「キー配列と指の位置」を画面に表示させているキー入力練習ソフトを利用すると、指位置の確認も画面上で可能となり、効率が良い。
4:はじめは、様々な英単語のキー入力を練習して、ローマ字入力を覚える。
5:ローマ字入力を習得した後で、数字と記号のキー入力を練習する。
6:「キー配列と指の位置」を見ないで、キー入力練習ソフトの問題を1文字1秒以内にミスせず入力できるようになってから、日本語入力の練習をはじめる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です