viコマンド一覧


移動コマンド               意味

h,j,k,l                         左、下、上、右

w,W                           次の単語の先頭にジャンプ

b,B                             単語単位で順方向または逆方向

e,E                              単語の末尾

),(                                次または前の文章の先頭

},{                               次または前のパラグラフの先頭

]],[[                             次または前のセクションの先頭

RETURN                    次の行の空白以外の最初の文字

0,$                              カレント行の最初または最後の位置

^                                 カレント行の空白以外の最初の文字

+,-                              次または前の行の空白以外の最初の文字

n|                              カレント行のn文字目

H                                画面の最上の行

M                               画面の中央の行

L                                画面の最後の行

nH                             上からn行目

nL                              下からn行目

CTRL-F,CTRL-B        次または前の画面にスクロールする

CTRL-D,CTRL-U       下または上に半画面分スクロールする

CTRL-E,CTRL-Y        ウィンドウの最下部または最上部に1行表示する

Z RETURN                カーソルのある行を画面の最上部に表示する

Z .                              カーソルのある行を画面の中央に表示する

Z –                              カーソルのある行を画面の最下部に表示する

CTRL-L                     画面を再表示する

/pattern                    文字列patternを順方向に検索する

?pattern                   文字列patternを逆方向に検索する

n,N                            最後に行なった検索を順方向または逆方向に繰り返す

fx                               カレント行で順方向に文字xを検索する

Fx                               カレント行で逆方向に文字xを検索する

tx                               カレント行で順方向に文字xの直前までを検索する

Tx                               カレント行で逆方向に文字x直後までを検索する

;                                  直前のカレント行内検索を順方向に繰り返す

,                                  直前のカレント行内検索を逆方向に繰り返す

CTRL-G                     カレント行の行番号を表示する

nG                             行番号nに移動する

G                               ファイルの最後の行に移動する

:n                              ファイル内の行番号nに移動する

mx                            現在の位置をxとしてマークする

`x                              カーソルをマークxに移動する

“                              直前のマークまたは文脈に戻る

‘x                               マークxを含む行の先頭に移動する

”                                 直前のマークを含む行の先頭に戻る

——————————————————————————————

編集コマンド                 動作

i,a                                 カーソルの前または後にテキストを挿入する

I,A                                行頭の前または末尾の後にテキストを挿入する

o,O                               カーソル位置の下または上に新しい行を作成する

r                                   文字を置換する

cw                               単語を変更する

cc                                 カレント行を変更する

C                                  行末まで変更する

R                                  文字を上書きする

s                                   文字を新しいテキストで置き換える

S                                   カレント行を削除し、新しいテキストで置き換える

:%s/old/new/g           全てのoldをnewに置き換える

x                                  カーソルの下の文字を削除する

X                                 カーソルの前の文字を削除する

dw                             単語を削除する

dd                              カレント行を削除する

D                                行末まで削除する

p,P                             削除したテキストをカーソルの後または前に置く

“np                            削除バッファ番号nからのテキストをカーソルの後に置く

vllll・・・・・・y              選択した文字列をヤンクする

vjjjj・・・・・・y              選択した行をヤンクする

yw                             単語をヤンクする

yy                              カレント行をヤンクする

“ayy                          カレント行を名前付きバッファaにヤンクする

p,P                            ヤンクされたテキストをカーソルの後または前に挿入する

“aP                            バッファaのテキストをカーソルの前に挿入する

.                                 最後の編集コマンドを繰り返す

u,U                            最後の編集内容を取り消す

J                                 2行を連結する

:d                               行の削除

:m                              行の移動

:t                                行のコピー

:.,$d                           カレント行からファイルの最終行までを削除する

:30,60m0                  行番号30から60までをファイルの最上部に移動する

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です