JavaScriptの機能で使わないほうが良いもの


現在、すべてのブラウザで利用できる言語はJavaScriptのみとされている。JavaScriptは軽量で表現力豊かな優れた特徴がある一方、多くの設計ミスを抱えている。バグを予防するために、JavaScriptの機能で使わないほうが良いものをあげると、次のようになる。

1: ==

2: !=

3: with

4: eval

5: continue

6: breakなしのswitch

7: ブロックなしのif

8: ブロックなしのwhile

9: ブロックなしのdo

10: ブロックなしのfor

11: ++

12: —

13: ビット演算子

14: function省略記法

15: 変数型のラッパーオブジェクト

16: new

17: void

JavaScriptの構文チェックツールとして知られているJSLintは、ソースコードをスキャンして問題点を発見し、問題の内容や位置を出力する。JSLintは、すべての変数と関数は予め定義されているものと仮定している。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です