jQueryMobileで複数のプラットフォームに対応する


Webにアクセスできるモバイル端末の登場により、プログラマが対応しなければならないプラットフォームが大量に増えた。個々のモバイルOS向けにネイティブアプリを開発するのは、コスト的にも無理だといわれている。

モバイル端末の性能と機能を最大限に引き出すためには、そのプラットフォーム用の開発キットを使ってネイティブアプリを開発するのが良い。

一方、性能要件が緩く、開発期間が限られ、複数のプラットフォームに対応するときには、通常のWeb開発と同じようにJavaScript,HTML,CSSを使ってネイティブアプリ並みのWebアプリを作るのが良い。

jQueryはもっともポピュラーなJavaScriptライブラリといわれている。jQuery上に構築されたjQueryMobileは、主要なモバイル端末で共通にふるまうユーザーインターフェースを提供している。

jQueryMobileは、各プラットフォームのネイティブブラウザ上で、CSSとJavaScriptの完全なサポートを目指している。jQueryMobileは、HTML5のdata-属性を活用して、ページ要素の挙動や外観を変更している。HTML5のdata-属性を使うと、任意のデータをDOM要素に追加することができる。

モバイル向けのユーザーインターフェース要素に加え、jQueryMobileは次のような機能を提供している。

・モバイル風のページ遷移

・tap,swipe,orientationイベント

・アクセシビリティ機能

・デバイスの方向や画面サイズに適応したレイアウト

・テーマ設定フレームワーク

・AJAXによるページ読み込みと履歴管理

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です