JSPを使うことのメリットとデメリット


サーブレットは、サーバーサイドJavaの最も基本的な技術として知られている。Tomcatなどのサーブレットコンテナは、WEBブラウザなどのクライアントからHTTPプロトコルで送信されてくるメッセージをオブジェクトとして受け取り、必要な処理を行い、結果をクライアントにオブジェクトとして返す。これがサーブレットの基本的な仕組みになる。

JSPは、HTMLの中にプログラムを埋め込んで使うための仕組みといえる。クライアントからの最初のアクセスがあったとき、サーブレットコンテナによってJSPのソースはサーブレットのプログラムに変換後コンパイルされる。2回目以降のアクセスでは、予めコンパイル済みのコードが高速実行され、結果をブラウザに送信する。

JSPとサーブレットは実行結果としては同じものをブラウザに送信する。JSPの根本的な役割りは「サーブレットから表示ロジックを分離すること」にある。JSP側に表示ロジックが分離されることで、サーブレットにはサーバーサイドの制御処理を専ら記述することになる。

JSPについては、デザイナーとプログラマの分業に問題を発生させるという意見もある。JSPを使わない場合、デザイナーが納品するファイルは、HTMLとCSSの組み合わせになる。JSPを使う場合、HTMLとCSSのデザインを一切変更せずにJSPに変換する作業がデザイナーやプログラマに要求される。JSPを使うことのメリットとデメリットを管理者が見極めなければ、デザイナーやプログラマの負担が増えることになる。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です