HyperText Markup Language


HyperText Markup Language(HTML)とは、ウェブ上の文書を記述するためのマークアップ言語をいう。

HTMLでマークアップされた文書はコンテンツと呼ばれ、ブラウザに実装されている様々な機能を利用することができる。

1993年に、IETFからHTML1.0が公開され、2016年11月1日に、W3CからHTML5.1が勧告された。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です