Geolocation APIで位置情報を取得する


Geolocation APIは、W3Cが標準規格化した位置情報取得仕様を実装したものとして知られている。Geolocation APIを使えば、JavaScriptプログラムからブラウザに対してユーザーの現在位置を問い合わせることができる。

Geolocation APIでユーザーの位置情報を取得するために、次の3つのメソッドが用意されている。

・navigator.geolocation.getCurrentPosition()

・navigator.geolocation.watchPosition()

・navigator.geolocation.clearWatch()

ユーザーの位置情報を取得することはプライバシーにかかわるため、Geolocation APIをサポートしているブラウザは、JavaScriptプログラムがユーザーの位置情報にアクセスする前に、ユーザーに対して位置情報へのアクセスを許可するか問い合わせている。

GPSを内臓するデバイスでは、GPSから正確な位置情報を得られるが、通常はWeb経由で位置情報を取得する。IPアドレスから都市を特定するサービスなどを利用している。位置情報が取得できた場合には、緯度と経度のほかに、位置情報の精度も返される。

位置情報を利用するアプリケーションとしては、ユーザーの現在位置から一定の範囲内にあるレストランを検索して地図上に表示する例もある。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です