文字列を表示するプログラムをCで記述する


UNIXとその上で実行されるプログラムの95%はCで書かれている。Cには、文字、数、アドレスを扱う機能は備わっているものの、文字列、集合、リスト、配列のような複合データを直接に扱う機能は用意されていない(構造体は例外)。

Cには、ループ、サブルーチンなどのシングルスレッド制御機構がある一方、多重プログラミング、マルチスレッドなどの制御機構はない。Cの記憶割り当て機能は、関数の局所変数からの静的な割り当てとスタックのみで、ヒープやガーベジコレクション機能はない。また、入出力などの高水準機能は、Cの豊富な関数群を利用して処理される。このように、高水準機能を関数として提供することで、言語仕様を小さくまとめている。

Cの小さい言語仕様は習得しやすい。プログラマは、便利な関数群を活用してビジネスロジックを簡単に実装できる。

Hello Worldと表示するプログラムをCで記述すると次のようになる。

#include <stdio.h>

main(){

printf(“Hello Worldn”);

}

Cのプログラムファイル名は、例えばhelloWorld.cのように、拡張子をcにしなければならない。

helloWorld.cをコンパイルするコマンドは次のようになる。

cc helloWorld.c

コンパイル後に生成される実行ファイル名はa.outになる。a.outを実行させるコマンドは次のようになる。

a.out

実行結果として、次のように表示される。

Hello World

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です