JMeterでセッション管理アプリケーションをテストする


JMeterは、Apacheプロジェクトで開発されたテストツールとして知られている。JMeterには次のような特徴がある。

1:マルチスレッドにより複数のテストを同時に実行する

2:テスト結果をキャッシュしオフラインで分析可能

3:タイマー、コントローラー、リスナーをプラグ化し拡張性アップ

JMeterの操作の基本は、左フレームに設定要素を追加していき、右フレームで詳細設定を行ったり結果を確認する手順になる。

左フレームのルート下に「テストプラン」と「ワークベンチ」という項目がある。テストプランには、サーバーに送信するリクエストの詳細やタイミング、結果の保存や分析など、テストに関する設定がまとめられている。

テストプランに要素を追加するには、テストプランにマウスカーソルを合わせ右クリック→「追加」→「スレッドグループ」と選択していく。

スレッドグループは、テストを行うスレッドを管理する要素で、使用するスレッド数、Ramp-up期間、ループ回数を設定できる。

Ramp-up期間とは、指定した数のスレッドがすべて起動するまでの時間をいう。一気に負荷をかけたい場合はRamp-up期間を短くし、徐々に負荷をかけたい場合はRamp-up期間を長くする。

ループ回数とは、各スレッドが終了するまでにテストを行う回数をいう。デフォルトでは無限ループになっている。

スレッドグループに要素を追加するには、スレッドグループにマウスカーソルを合わせ右クリック→「追加」→「各種設定」と選択していく。

各種設定は、主コントローラで共通して使用する設定を保持する。例えば、「HTTPクッキーマネージャー」は設定されたクッキーをHTTPリクエストに添付する他に、テスト中にサーバーとやり取りするクッキーの管理を行う。セッション管理を使用したWebアプリケーションをテストする際に重宝する。