viコマンド一覧


移動コマンド               意味

h,j,k,l                         左、下、上、右

w,W                           次の単語の先頭にジャンプ

b,B                             単語単位で順方向または逆方向

e,E                              単語の末尾

),(                                次または前の文章の先頭

},{                               次または前のパラグラフの先頭

]],[[                             次または前のセクションの先頭

RETURN                    次の行の空白以外の最初の文字

0,$                              カレント行の最初または最後の位置

^                                 カレント行の空白以外の最初の文字

+,-                              次または前の行の空白以外の最初の文字

n|                              カレント行のn文字目

H                                画面の最上の行

M                               画面の中央の行

L                                画面の最後の行

nH                             上からn行目

nL                              下からn行目

CTRL-F,CTRL-B        次または前の画面にスクロールする

CTRL-D,CTRL-U       下または上に半画面分スクロールする

CTRL-E,CTRL-Y        ウィンドウの最下部または最上部に1行表示する

Z RETURN                カーソルのある行を画面の最上部に表示する

Z .                              カーソルのある行を画面の中央に表示する

Z –                              カーソルのある行を画面の最下部に表示する

CTRL-L                     画面を再表示する

/pattern                    文字列patternを順方向に検索する

?pattern                   文字列patternを逆方向に検索する

n,N                            最後に行なった検索を順方向または逆方向に繰り返す

fx                               カレント行で順方向に文字xを検索する

Fx                               カレント行で逆方向に文字xを検索する

tx                               カレント行で順方向に文字xの直前までを検索する

Tx                               カレント行で逆方向に文字x直後までを検索する

;                                  直前のカレント行内検索を順方向に繰り返す

,                                  直前のカレント行内検索を逆方向に繰り返す

CTRL-G                     カレント行の行番号を表示する

nG                             行番号nに移動する

G                               ファイルの最後の行に移動する

:n                              ファイル内の行番号nに移動する

mx                            現在の位置をxとしてマークする

`x                              カーソルをマークxに移動する

“                              直前のマークまたは文脈に戻る

‘x                               マークxを含む行の先頭に移動する

”                                 直前のマークを含む行の先頭に戻る

——————————————————————————————

編集コマンド                 動作

i,a                                 カーソルの前または後にテキストを挿入する

I,A                                行頭の前または末尾の後にテキストを挿入する

o,O                               カーソル位置の下または上に新しい行を作成する

r                                   文字を置換する

cw                               単語を変更する

cc                                 カレント行を変更する

C                                  行末まで変更する

R                                  文字を上書きする

s                                   文字を新しいテキストで置き換える

S                                   カレント行を削除し、新しいテキストで置き換える

:%s/old/new/g           全てのoldをnewに置き換える

x                                  カーソルの下の文字を削除する

X                                 カーソルの前の文字を削除する

dw                             単語を削除する

dd                              カレント行を削除する

D                                行末まで削除する

p,P                             削除したテキストをカーソルの後または前に置く

“np                            削除バッファ番号nからのテキストをカーソルの後に置く

vllll・・・・・・y              選択した文字列をヤンクする

vjjjj・・・・・・y              選択した行をヤンクする

yw                             単語をヤンクする

yy                              カレント行をヤンクする

“ayy                          カレント行を名前付きバッファaにヤンクする

p,P                            ヤンクされたテキストをカーソルの後または前に挿入する

“aP                            バッファaのテキストをカーソルの前に挿入する

.                                 最後の編集コマンドを繰り返す

u,U                            最後の編集内容を取り消す

J                                 2行を連結する

:d                               行の削除

:m                              行の移動

:t                                行のコピー

:.,$d                           カレント行からファイルの最終行までを削除する

:30,60m0                  行番号30から60までをファイルの最上部に移動する

 


Linux


Linux(リナックス)とは、Unix系オペレーティングシステムであり、スーパーコンピュータ・ワークステーション・サーバ・パーソナルコンピュータ・携帯電話・テレビなどで使用されている。

Linuxインストーラの自動設定機能が大幅に向上した結果、Linuxを簡単にパソコンへインストールできるようになり、一般ユーザーにもLinuxが普及し始めている。

Linuxをインストールしたパソコンは、世界各国の政府や地方自治体でも広く利用されている。

linux_pengin



関連項目
節電


GPLソフトウェア


GPL(GeneralPublicLicense)ソフトウェアは、FSF(FreeSoftwareFoundation)の一般公有使用許諾書により保護されたソフトウェアとされている。GPLは、ソフトウェアの修正の有無によらずフリーでソフトウェアを再配布することを保障している。

パブリックドメインソフトウェアなどのフリーソフトウェアは、企業がソフトウェアの修正版を有料で再配布するという連鎖がおこり、多くのフリーソフトウェアが公共の場から消失していくという問題があった。GPLは、このような問題を解決するために考え出された「フリーソフトウェアをフリーのままにしておく」ライセンスといわれる。

FSFは、企業がフリーソフトウェアの改良販売を繰り返すことによって、コミュニティからフリーソフトウェアが消失していくのを阻止するために、1980年代に設立された。GPLには、ソースコードをつけて(または開示保障をつけて)ソフトウェアを配布しなければならないと記述されている。

GPLは、GPLソフトウェアを収録したメディアの販売やGPLソフトウェアのダウンロードに対する課金を禁止していない。GPLソフトウェアの購入者がGPLソフトウェアを再販することも禁止していない。

FSFから配布されているGPLソフトウェアは、頻繁に更新され品質も良いといわれている。gccやg++は、バグが発見されるとすぐに修正され、多くのベンダーのコンパイラーよりも高品質ということもあり多用されている。

 


シェルスクリプト


シェルスクリプトとは、実行できるコマンドを並べてひとまとめにしたファイルをいう。単純にコマンドを並べるのではなく、取り決めに沿うように記述していく。最初の1行目には、Bシェルスクリプトを宣言するための次の文字列を記述する。

#!/bin/sh

Bシェル用のスクリプトとして記述する理由は、どのUNIXマシンにコピーしてもシェルスクリプトが動くようにするためとされている。

シェルスクリプトファイルを実行可能にするために、ファイル作成後は次のコマンドでアクセスモードを変更する必要がある。

chmod +x ファイル名

シェルスクリプトをデバッグする時には、次のコマンドで実行時の途中経過を表示させると良い。

sh -xv ファイル名

シェルスクリプトを記述する際に間違えやすいことを挙げると次のようになる。

変数への代入:イコール記号の前後に空白があるとエラーになる。

中括弧:{}でコマンドを括って処理させるとき、最後のセミコロンを忘れやすい。

鉤括弧:[]で!や-を使う位置によって、普通の文字として扱われてしまう。

case:case文で;;を忘れやすい。

バックスラッシュ:1行を分割する際のバックスラッシュの直後の改行を忘れやすい。

test:testコマンドの式は、すべて空白で区切られている必要がある。数値判定には=でなく-eqを使う。

expr:exprコマンドの式は、すべて空白で区切られている必要がある。丸括弧やアスタリスクはバックスラッシュでエスケープして使う。

 


CentOS7インストールDVDを作成する手順


CentOS7インストールDVDを作成する手順は次のようになる。

1:http://ftp.riken.jp/Linux/centos/7/isos/x86_64/ からCentOS-7-x86_64-DVD-1511.isoをダウンロードしてWindowsパソコン(DVDrw)に保存する。

2:http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/infrarecord/ からir053.exeをダウンロードしてWindowsパソコン(DVDrw)に保存する。

3:Windowsパソコン(DVDrw)にダウンロードしたir053.exeを実行してInfraRecorder(DVDライティングソフト)をインストールする。

4:Windowsパソコン(DVDrw)のDVDドライブに空のDVDディスクをセットする。

5:Windowsパソコン(DVDrw)にインストールしたInfraRecorderを実行して、WriteImageボタンを押し、イメージファイルとしてCentOS-7-x86_64-DVD-1511.isoを指定する。
3f59f19fe10167a19a271246a21ae2f6

6:表示された書き込みダイアログのOKボタンを押す。

7:DVDへの書き込みが完了すると、イメージ書き込み中ダイアログのOKボタンが表示されるので、このOKボタンを押す。

8:Windowsパソコン(DVDrw)のDVDドライブからDVDディスクを取り出し、CentOS-7ラベルをはる。

9:CentOSをインストールするパソコンのDVDドライブにDVDディスク(CentOS-7)をセットする。

10:CentOSをインストールするパソコンを再起動させ、F2またはF12キーを押し続けて起動メニューを表示させる。

11:起動メニューでDVDドライブから起動するように設定する。

12:CentOS-7のインストール画面が表示される。


CentOS6.8インストールDVDを作成する手順


CentOS6.8インストールDVDを作成する手順は次のようになる。

1:http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.8/isos/i386/ からCentOS-6.8-i386-bin-DVD1.isoをダウンロードしてWindowsパソコン(DVDrw)に保存する。

2:http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/infrarecord/ からir053.exeをダウンロードしてWindowsパソコン(DVDrw)に保存する。

3:Windowsパソコン(DVDrw)にダウンロードしたir053.exeを実行してInfraRecorder(DVDライティングソフト)をインストールする。

4:Windowsパソコン(DVDrw)のDVDドライブに空のDVDディスクをセットする。

5:Windowsパソコン(DVDrw)にインストールしたInfraRecorderを実行して、WriteImageボタンを押し、イメージファイルとしてCentOS-6.8-i386-bin-DVD1.isoを指定する。
3f59f19fe10167a19a271246a21ae2f6

6:表示された書き込みダイアログのOKボタンを押す。

7:DVDへの書き込みが完了すると、イメージ書き込み中ダイアログのOKボタンが表示されるので、このOKボタンを押す。

8:Windowsパソコン(DVDrw)のDVDドライブからDVDディスクを取り出し、CentOS-6.8ラベルをはる。

9:CentOSをインストールするパソコンのDVDドライブにDVDディスク(CentOS-6.8)をセットする。

10:CentOSをインストールするパソコンを再起動させ、F2またはF12キーを押し続けて起動メニューを表示させる。

11:起動メニューでDVDドライブから起動するように設定する。

12:CentOS-6.8のインストール画面が表示される。